えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]
えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]

えごま(白種子) [葉は韓国料理や焼肉のお供に・実はえごま味噌やゴマ同様に利用できる 5~7月まき 野菜タネ]

  • タネ・小袋
286円
商品ID:1934
数量:
お気に入りに追加

  • 代引不可
  • メッセージカード不可
  • 配送業者指定不可
通常 1 ~ 3 営業日以内に発送します

送料について

商品説明

韓国料理に使われる、香味野菜です。見た目は青しそのようですが、よりマイルドな風味があります。栽培は至って容易です。葉は生のまま焼肉をくるんだり、刻んでお料理にふりかけて利用してください。実はフライパンなどで空いりし、ごまと同じように利用します。アトピー性皮膚炎に予防効果があることで、最近注目を集めている健康野菜です。

まき時:5月~7月
収穫:7月~10月
内容量:3ml

栽培方法
よく日のあたる場所に畝幅30cmで種を筋蒔きし、土をかけて発芽まで水を切らさないように管理してください。
発芽後7~10日目に間引いて株間30cmにしたてます。
使用のつど、葉を摘み取ってご利用ください。
実を採る場合は、肥料をやりすぎると葉が茂って収穫量が少なくなりますので、土の肥えた場所では無肥料で育てます。葉茎が3分の2ほど黄変したら根元から刈り取り、1週間ほど風通しのよい場所に逆さに吊るして乾燥させた後、脱穀します。

収穫・利用方法:
葉を摘んで生のまま焼肉をまいたり、刻んで薬味として利用します。青紫蘇と同じく、巻き味噌や塩漬け、てんぷらにしても美味です。生葉または天日で干した葉にお湯を注ぎ香り高いハーブティとしても。
実は油脂を多く含み、炒ったものをすりつぶして味噌と混ぜ「エゴマ味噌」にして野菜との和え物に。


透かし画像


透かし画像


透かし画像


透かし画像


透かし画像


透かし画像



数量:

このカテゴリのおすすめ