栽培ガイド

最終更新日:2024/04/15

桜(サクラ)の育て方



庭植えの管理


苗木の植え付け

落葉後の11月~12月下旬、または2月下旬~3月中旬に行います。場所は日当たり、水はけがよく肥沃な場所が適しています。植え穴を40cmくらい深く掘り、腐葉土と化成肥料を土に混ぜたものを底に10cmくらいの厚さになるように入れます。さらに10cmくらい堀土を入れた上に苗木を植え付け、支柱を立てます。苗木の根元に着いているつぎ木のテープは取り外してください。植え穴の周りに10cmほと土を輪状に盛り上げて「水鉢」を作り、たっぷり水を入れて土中にしみ込ませます。これにより根と土が密着しますので、水はたっぷり与えてください。


植付け後の管理

春先や夏場に乾燥が続くときは水遣りをしてください。寒肥として、2月に根元に粒状化成肥料を施します。花後と7月ころにも同様に施すと花つきが良くなります。晩春にウメケムシ、9月頃にモンクロシャチホコの幼虫が発生しやすいので、DEP薬剤などを散布します。樹形を小型に保つために剪定するときは、落葉後(適期11月中旬~12月中旬)に不要な枝や徒長枝を切り詰めます。太い枝などを強剪定する場合は、切り口に腐敗菌が侵入しないよう、殺菌効果の高い癒合剤を塗布してください。


鉢植えの管理


苗木の植え付け

赤玉土:川砂:腐葉土を5:3:2などの割合で植え付け、油粕と骨粉を混ぜたものを水で練り、団子状にしたものを表土に2個くらい置肥としてください。日当りと風通しが良い場所を選んで、棚などをの上で管理していただくとよいでしょう。


植付け後の管理

水遣りを忘れると樹勢が弱り、枯れてしまうこともあるので春から秋にかけては1日1回、冬の間は2~3日に1回行います。落葉期に樹形を考えながら、重なり枝、並び枝などを剪定します。切り口には殺菌効果の高い癒合剤を塗りましょう。植え替えは1~2年に1回行い、樹形が整ってきたら浅めの鉢に替えて調整します。