デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け
デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け

デンドロビウム(原種):ラミアイエ プラ板付け

9,680円
商品ID:231148
数量:
お気に入りに追加

通常 1 ~ 3 営業日以内に発送します

送料について

商品説明

洋ランの中でも比較的育てやすく初めての方にもおすすめのデンドロビウムは、花型花色共に豊富で耐寒性の高いランです。ラミアイエはタイ・ラオス原産の着生種。花は4cm×4cmぐらい。花弁は反り返り朱色。葉は革質で光沢があります。夏咲き。
★出荷時の苗規格としては2024年春開花見込み株ですが、開花開始時期は株により個体差があるため、2025年以降からとなる場合もございます。ご了解の上、ご注文下さい★


学名Den.lamyaiae
開花時期6月~8月
草丈10cm
日照直射日光の当たらない日当たりを好む
耐寒温度5℃以上
用途鉢植え

栽培方法
風通しが良く、直射日光が当たらない日当たりの良い場所を好みます。花の色が薄くなり、透けてきた花は摘み取りますが、茎の部分はしなびてくるまで残しておきます。冬場の寒さに当たることで花芽を作る性質ですので、1~2月頃は7℃以上12℃以下程度の場所で管理し、水やりを控えます。4~10月頃までは戸外で管理し真夏の休眠期を除いて、鉢の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。長雨には当たらない場所で管理下さい。肥料は4~7月頃と9月下旬~11月頃まで月に1回程度2000倍に薄めた液体肥料を施します。植え替えや株分けは、気温が10℃以上で新芽が伸び始めてから行います。

※デンドロビウムなどのラン科植物は、夜間に二酸化炭素の吸収や酸素の放出を行っており、空気を綺麗にする働きがあります。昼の間に活動する観葉植物などと組み合わせると、更に室内の空気清浄が期待できます。また、デンドロビウムは、空気中の汚染物質を吸着する能力が高いと言われています。

※写真はイメージです。


透かし画像


透かし画像


透かし画像


透かし画像


透かし画像


透かし画像



数量:

このカテゴリのおすすめ