[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け
希少観葉

[ザ・ファームセレクト]ビカクシダ(コウモリラン):マダガスカリエンセ×エレファントティス 板付け

19,800円
商品ID:204791
数量:
お気に入りに追加

通常 3 ~ 6 営業日以内に発送します

送料について

商品説明

★現品販売★マダガスカリエンセ×エレファントティスの面白いコウモリランが入荷しました!コウモリランの中でもレアな品種。貯水葉に入る細かい血管のような模様が特徴のマダガスカリエンセです。特に栽培難易度が高い品種といわれていますが、特に湿気を好むためで、水を切らさないようにすれば元気に育ちます。常に湿らせた状態で管理してください。水を切らすと枯れますので、ご注意ください。管理は戸外の半日陰で風通しの良い場所が適しています。

タイプウラボシ科のビカクシダ属
原産オーストラリア・ニューカレドニア等の温帯雨林や熱帯雨林
生育適温20~30℃
耐寒性乾燥気味で3℃
日照半日陰を好む


●水やり
水苔の表面が乾いてから、全体を湿らすようにたっぷりとあげてください。
水苔は乾燥すると水を弾きやすくなります。シャワーなどを用いて時間を掛けてゆっくりと吸水させるか、水の溜めた容器に株ごと浸すなどしてじっくりと吸水させましょう
特に湿気を好み水切れが苦手な品種のため、水を切らさないように注意してください。
目安として、春~秋の成長期は水苔の表面が乾いてから、冬は水苔の表面が乾いてから1~2日後に与えます。

●置き場所
・屋外の場合
春~秋(最低気温が10度を下回らない時期)は屋外で管理できます。
最低気温が10度を下回るようになったら室内に取り込みましょう。
本来樹幹などに着生し木陰で生育する植物ですので、直射日光だと光が強すぎて葉焼けをおこしてしまいます。
軒下や木陰など直射日光が当たらない場所や、50~75%の遮光をした環境で管理しましょう。
目安としては曇の日の光量が理想的です。

・室内の場合
比較的耐陰性がある植物といわれますが、葉姿よく育てるのであれば、なるべく日光にあてて育てることが重要です。
窓際の日光の差し込む明るく風通しの良い環境が理想です。温度により室内でも直射日光があたると葉焼けの恐れがあります。レースのカーテン越しなど30%程遮光された環境で管理しましょう。
あまり室内に日光が入ってこない場所で管理する場合や、日照時間の短い冬の管理などでは植物用のLEDライト等で補光してあげるのも有効です。
また風通しを好む植物なので、サーキュレーターで部屋の空気を動かしましょう。
ただしエアコンの風が直接当たる場所は避けてください。

●適正温度
理想は15 ~25 度位です。
夏季:高温になってしまう場合は風通しの良い環境で管理します。葉水などで葉面温度を下げるのも有効です。
冬季:最低10 度以上保てる環境で管理しましょう。

●肥料
真夏を避けた、春と秋の生育期に与えます。
液体肥料の場合は、規定の倍率~やや薄めに希釈し普段の水やりと同様に水苔等にしっかりと吸水させます。
固形肥料については、貯水葉の裏の水苔の上におきます。直接根にあたらないように注意してください。
液体肥料・固形肥料、いずれの場合も肥料毎の用法用量を守り適量を施してください。

■ご注意
・現品販売です。写真はお届けする株の画像ですが、植物は日々生育等により状態が変化するため、お届け時に株姿が若干異なる場合があります。
・複数店舗で同時販売しているため、ご注文のタイミングにより、商品がお届けできなくなる場合があります。ご注文受付後に在庫確認を行い、改めてメールにてご連絡いたします。




透かし画像


透かし画像


透かし画像


透かし画像


透かし画像


透かし画像


透かし画像




数量:

このカテゴリのおすすめ