会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

観葉植物の管理方法



・水やりについて
鉢土の表面が乾いてきましたら、底から水がでるくらいたっぷりと水やりをします。その際受け皿には水を溜めないで下さい。(乾いてから水やりをするのは、土中に新鮮な空気を送り込むことができますのと、老廃物を水で押し出す効果もあります。)
・肥料について
生育期にあたる春から初秋にかけては、1週間から10日毎に、液体肥料を施しますと、緑が美しく保たれます。
・植え替えについて
一般的に1〜2年に1回の春もしくは秋頃に、一回り大きな鉢に植え替えることをおすすめ致します。その際傷んだ根や古い土を1/3程度落としてから、観葉植物専用培養土等をご使用の上、植え替えますと簡単です。
・置き場所について
どんな観葉植物でも、冷房や暖房が直接当たる場所には置かないで下さい。植物の種類により日光の好みは違いますが、一般的には風通しの良い明るい半日陰が観葉植物の管理に適した環境です。また耐寒温度につきましては、中には寒さにとても強い観葉植物もございますが、最低5℃以上の室内で管理いただけますと半休眠状態で越冬します。