会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

11月のクリスマスローズのお手入れ

1.  11月のクリスマスローズ
木枯らしが吹き始めるころ…。草花が枯れて落葉樹も葉を落とし始める11月ですが、クリスマスローズの生育にとっては一番適した季節なのです。根が活発に生育するので肥料や水の吸収が盛んで、ノイガーなどの早咲き種では花芽が目で確認できるようになります。 見事な花のために適切な管理を怠らないようにして、楽しみのときを待ちましょう。 11月中旬までは植え付けや植え替えができます。
2. 11月の管理:日当たりを十分に
花芽の生育をよくするために、葉を傷めないように気をつけます。また、水や肥料が不足しないようもしてください。 先月、タネをまいた苗は乾燥させないよう、また、過湿にならないように管理しましょう。
 
置き場:
鉢植えは日当たりの良い風通しの良い棚の上に。下旬には霜が降りることもあるので、日だまりに置きましょう。 庭植えでは、まわりの草花や木などの枯れた葉や枝を取り除いて日当たり、風通しをよくしましょう。
水やり:
庭植えは極端に乾燥するとき以外は特には不要です。 鉢植えは乾燥しやすいので、天気が良ければ1日1回午前中に、鉢底から出るほどたっぷりと与えます。水は切らさないようにしなくてはいけませんが、鉢皿に水はためないように。寒くなっても水は切らさないようにしましょう。
施肥:
鉢植えの場合は肥料切れしやすいので、液肥を月1〜2回の割で与えます。リン酸分の多い緩効性化成肥料を6号鉢に6gを目安に。 庭植えの場合は、植え替え時に施肥していないものを除き、特に必要ありません。 植え替え時に施肥をしていないものには、1株あたり緩効性化成肥料を10gが目安です。


3. 上手な苗の選び方


一番大切なのは病虫害のないものを選ぶことです。 意外と惑わされるのが、一見立派に見える葉がたくさんついているもの。これは芽が貧弱なことが多く、花が咲かないことがあります。 葉は少なくても、太くてしっかりした葉や芽がついていること、株元がどっしりと太いこと、がポイントです。 はじめて、ならば、いま少し待って、開花株で花の色や形、模様などを確認してから購入する方がよいでしょう。 


4. 植え替え(鉢替え)、植えつけ、株分け


中旬ごろまでなら庭への植えつけ、植え替え(鉢替え)、株分けができます。 庭への植え付け方は10月にくわしく載せました。 鉢への植え替えですが、根が回ったものはできるだけ早く。 一回り大きな鉢に植え替えますが、蒸れるのが苦手ですから、鉢はやや深めの素焼鉢に。鉢の下から4分の1ぐらいの深さまで用土を入れて、苗や株を据えます。このとき、根鉢は崩さないように気を付けます。    回りに土を入れ、割り箸などでつついて用土の片寄りをなくします。 早咲き種では特に根を切らないように注意して作業しましょう。  きちんと植えつけられたら、たっぷり水を与え、1週間程は風通しのよい日陰に置いて管理します。 株分けでは、分ける株元を見やすくするために土を落としますが、このときも根は切らないように注意して、ナイフで切り分けます。このとき、芽は必ず2芽以上つけます。 ただし、根ぐされしているような場合は、できるだけ古い土を多く落としてください。


植えつけ用土の配合例:
赤玉土6、腐葉土3、もみ殻燻炭1、小粒軽石1
肥料など:
緩効性化成肥料(5号鉢あたり小匙1杯)と苦土石灰を適量


5. 病虫害の防除


気温が下がってきて、病虫害の発生もない時期ですが、観察は怠らないように。