会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

ヒーター・サーモの使い方

冬の温室内の保温・加温に、ヒーターは必需品。寒さに弱い植物の冬越しのため、上手に利用しましょう。
植物の冬越しのためにビニール温室などの簡易温室を使われる方は多いと思います。でも、温室を用意しても、ヒーター等で温めなければ、内部の温度は外気温と同じ。寒さから植物を守ることができません。

ヒーターの種類
温室用のヒーターにはさまざまなタイプがありますが、小型の家庭用温室にはプレートヒーターやパネルヒーターなど、放熱板からゆっくりと全体を温めるタイプが安全です。
ヒーターのいろいろ

サーモスタット
ヒーターを使う場合は、必ずサーモスタットを併用してください。サーモスタットは自動温度調節機器です。サーモスタットを植物の適温に設定すれば、温室内の温度をモニターしてヒーターが自動でON/OFFされます。
サーモスタットのいろいろ

温室のサイズはさまざまですが、どのくらいの容量のヒーターを用意すればよいのでしょうか?

屋内温室に必要な容量
屋内で利用する場合は、1坪のスペースを10度上げるのに1000Wの電気容量、が目安です。
たとえば、ビニール温室4段(容積0.5立法メートル)を屋内で使用する場合は、250Wのヒーター1個で内部の温度が約10度上がります。
温室のサイズ別・ヒーターの熱容量別に温度上昇の一覧を表にしたものがありますので、ご参照ください。
昭和精機工業のパネルヒーター・温室別温室内温度上昇一覧表



屋外温室に必要な容量
屋外だと放熱量が多いので、電気容量は上記の表の倍近く必要となります。
温室の外側に温室用保温カバーやエアパッキングの梱包シートなどをかけて放熱を妨げると保温効率が高まります。

温度計で温度の監視を
温室内が適温に保たれているかどうかを確認するため、最高最低温度計を温室内に設置してモニターするようにしてください。
最高最低温度計

ヒーターは容量の大きなものを
ヒーターを購入する際は、なるべく電気容量の大きめのヒーターを選ぶのがおすすめ。サーモスタットで熱量をコントロールできるので、大きなヒーターでも電気の無駄遣いにはなりません。小さいヒーターで熱量が足りない場合は、もう一台買い足すことになってしまうので、注意してください。

複数のヒーターを組み合わせる場合
温室のサイズにあわせて複数のヒーターを用意する場合は、複数のヒーターを2個口、3個口などのタップでつなぎ、サーモスタットをはさんで電源にコードを差し込みます。
複数のヒーターを使う場合は、ヒーターの合計電気容量がサーモの電気容量を超えないように注意してください。



温室の設置場所
ところで温室の設置場所ですが、室内ならなるべく南側の日当たりのよい場所に置きます。暗い場所に置くと光量が不足してしまうので、植物育成ランプなどで補います。
植物育成ランプ

温室を戸外に設置する場合は、日中の日差しで温室内が高温になる場合もあります。内部の湿度が高くなり、植物が蒸れてしまうこともあるので、天気のよい日中は温室の換気をするなど注意が必要です。

また、温室内の温度はヒーター近くや上部が高くなり、それ以外の場所が低くなるなど温度ムラが生じがち。屋外用小型温室など、ある程度容量のある温室の場合は、内気扇やサーキュレーターなどを併用して温室内の空気を攪拌します。