会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


ランドスケープペチュニア さくらさくら

「お届けするのは、幸せ色。さくらさくら。」
丈夫で育てやすく、美しい花色のペチュニアです。




最高・最強!と好評の‘さくらさくら’

ペチュニアのスーパー品種

花の美しさ(形態的特性といいます)、そして、丈夫さ(生理的特性といいます)を追求して育種しました。
ペチュニアの著名な研究者が「このような優れた品種は中々できない。スーパー品種」と絶賛します。
育成者・杉井 明美氏より  植物も自分も無理をしない、肩の力を抜いてつき合えるふだん着のような花が好きです。
そしてそれらを、とことん愉しんでみたい、近頃つくづくそう思うのです。花を育てるしあわせは、量や種類ではなく、 心かよわせて生まれる、もっと素朴なことだと思います。‘さくらさくら’は、そんなしあわせを運んでくれるペチュニアです。

ペチュニアで最高の賞を受賞

ジャパンフラワーセレクションの第1回ベスト・オブ・フラワーで、ベストフラワー(優秀賞)+ニューバリュー特別賞を受賞。 他の出品ペチュニア品種を凌駕しました。

※ジャパンフラワーセレクション(JFS)は日本で唯一の品種コンテスト

色の良さと丈夫さ

○桜の花に似た落ち着いた花色。のど(花の芯部)の白さが一層スッキリ感を増します。
    丈夫さは折り紙付き
  1. 露地植えで楽しめ、夏でも旺盛な開花と草勢を保ちます。※優れた耐暑性
  2. 雨天でも花傷みがほとんどありません。※雨天などでは一時的に花が閉じる
  3. 露地でも3月下旬から11月初旬まで花を楽しめます(関東標準)。※花期が長い
  4. ほとんど病害や虫害が出ません。※植物表面の粘質性が効果
  5. 伸びた枝の途中からも発根するほど元気です。※強い草勢
  6. 露地でも株は越冬し、翌春には生育・開花します(関東標準)。※零下10℃でも越冬例
  7. 沿岸部でも植栽が可能です。※千葉の潮害地帯でも旺盛な生育例

品種特徴

■属名  ツクバネアサガオ属
■科名  ナス科
■花期  春〜秋
■性状  多年草

栽培方法

  • 屋外の日当たりの良い場所で育ててください。
  • 水やりは、土をさわってみて乾いていたら、たっぷり与えてください(葉や花にかからないように)。
  • 10日〜15日に1度くらい、速効性の液肥を与えると一層花付きが良くなります。
  • 花柄(がら)は摘んでください。
  • 枝が伸びてきたら切り戻して形を整えると、株がリフレッシュされて美しい姿を楽しめます。

一層良くするためのアドバイス

  • 排水性の良い土を選ぶ。※根腐れの防止。
  • 病虫害の出たペチュニアの後には植えないほうが良い。
  • 鉢に植える場合は、大きめのものを使ったほうが良い。※根の展開のため。
  • 植え付ける前に、枝先から1cmくらいまでを刈り込むと株のボリュームが増す。
  • 密植は「ムレ」の原因となるので避ける。※生育が旺盛のため、疎植気味でも十分。露地の場合、1平米当たり3から9株が目安。
  • 定植してから枝先が伸びだす(定植後1か月くらい)までは、土の表面が乾いたら水を上げる。※根の伸張・活着時期。
  • 周囲を多湿にしない。※ナメクジの発生などを防ぐ
  • 花が咲き終わったら、株全体が1/2から1/3になるくらいピンチする。

翌春に向けて、鉢のまま冬越しする場合と地植えの場合

   零下10度くらいまでは越冬が可能で、春からまた育ってきます。

鉢のまま冬越しする

  • 初冬になったら、枯れた部分を株元近くまで刈り込んでください(株元の緑の小さな葉を残す)。
  • 軒下など、なるべく霜が当たらない場所に置いてください。
  • 土が乾燥してきたら水を与えてください(目安として月に2、3回)。

地植えする

  • 鉢の場合と同じように刈り込み、鉢から抜いて地植えしてください。
  • 土が乾きすぎていたら水を与えてください。
  • そのままで、春からまた育って花を咲かせてくれます。

    地植えしてあるものの移植

  • あまりお薦めはできません(根を傷めるなど、枯れる要因となります)。
  • どうしても移植する場合は、春(桜の開花時期)に行なうことが良いようです。
  • 移植する際の方法は、新たに苗を定植する場合と同様です。