会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


じゃがいもの育て方


◎花も可愛いジャガイモ

ジャガイモの花は案外可愛くて美しいものです。食べるだけでなく、観賞用にベランダなどに植えてみるのも一興です。

◎植え付け(3月中旬〜4月)

ジャガイモを植える場所は、前にナス科の作物(トマト、ピーマン、トウガラシ、ナスなど)を植えたことのない所や土にします。連作すると上手く育ちません。イモが小さければそのまま、鶏卵大なら半分に切りましょう。(切り口は半日ほど風で乾燥させてください)

植える方向は切り口が下です。植え付け前に、草木灰やハイフレッシュで切り口を殺菌します。深さはイモ一個分くらいに。
タネイモを購入してもよいですが、うっかりしていて芽が出てしまった台所のジャガイモだってOKです。
・春のジャガイモを早く芽出しさせる場合はビニールをかける


・5〜6cm土をかぶせる

・種芋の断面は下向きに

・肥料袋で栽培する場合は上部を10cm程度折り曲げ、両面に穴を数箇所あける

・緩効性の科学肥料をそこの部分に混ぜ込む。(目安は10Lの用土に対し約20グラム程度)



◎芽かき(4月)


数本の芽が出てきますが、元気のよいのを1、2本残して、他は芽かきします。
イモはタネイモより上から出る地下茎の先にできます。イモに日が当たると緑色になって美味しくありませんから、芽が出てから4cmほど増し土をするのがポイントです。

科名:ナス科

植え付け時期:

一般地・温暖地:2月下旬〜3月下旬

寒冷地・寒地 :3月下旬〜5月上旬

◎追肥と増し土(5月)


草丈20cm前後になったら、追肥(化学肥料を5〜6グラム表面にまく)をやり10cm位の増し土(新しい土を加える)を行います。

◎収穫(6月中旬〜7月)


地上部の葉・茎が枯れ始めたら、雨の降らない日を選び、イモを傷つけないように収穫し、風通しの良い涼しい場所で保管します。


◎種イモの保管


種イモは凍らない程度(2〜3℃)の多湿冷暗所に保管します。種イモの表面に湿気がある場合は乾かし、芽がでている場合は芽欠きをしてから保管します。


ガイド目次へ戻る