会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

イチゴの栽培方法

誰もが大好きなフルーツ、イチゴの栽培方法です。コンパクトでかわいい花と真っ赤な実が楽しめるので、小さな菜園や鉢にぴったり。ビタミンが豊富な健康フルーツです。

10〜11月が苗の植え付け適期です。鉢やプランター栽培の場合は、イチゴ用の専用土か、赤玉土6:腐葉土4の割合に配合した土を利用します。ハンギングバスケットでも栽培できます。緩効性肥料を土に混ぜて植えつけます。65cmの標準的なプランターなら3〜4株、5号鉢なら1株を植えます。クラウン(根元の芽)に土をかぶせないように植え、2〜3日日陰に置いた後、日向に移します。
畑や花壇で栽培する場合は、日当たりのよい場所を選び、よく耕した土に肥料を混ぜて植えつけます。いちごは親株からのランナーの切り口と逆の方向に花芽をつける性質があるので、花のつく方を南に向けて植えます。
冬の間は土が乾いたら水遣りします。寒風にあてないようにし、根元は腐葉土や敷き藁でマルチングするとよいでしょう。
病虫害は、排水や風通しが悪いとうどん粉病や炭そ病が出ますので、水はけ・風通しよく管理します。また、ビニールトンネルで雨よけをするのも効果的です。また、アブラムシ、ハダニ、コガネムシ(幼虫が根をかじる)に注意し、薬剤などで防除します。
2月下旬頃から新芽が盛んに伸びだすので、液肥を定期的に施します。肥料が不足すると、実がちいさいまま赤くなったり、変形したりするのでご注意を。実が付いたら、汚れないように根元に敷き藁をし、鉢栽培の場合は果枝を鉢の外に垂らします。赤く熟したら、いよいよ収穫です。収穫後は次の苗のためにお礼肥えを一握り根元に施します。
実が終わると、ランナー(這うように伸びる枝)が伸び、その先に子株ができます。ランナーから1つ目の子株は品質が安定しないので、2〜4番目の子株を翌年用の苗とします。10月頃、子株が大きくなったらランナーから切り離し、育苗用のポットに植え替えてください。親株は翌年以降は実が小さくなるので抜き取ります。