会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


鉢植えシクラメンのお手入れ方法

お届け後はすぐに箱から出し、鉢の上から静かに水を与えてください。球根や葉の根元には水をかけないようにご注意ください。底面潅水鉢は、いったん土壌が乾燥して空気が入ると底面からの水を吸い上げにくくなりますので、鉢の上から水を与えてください。
置き場所:
ミニタイプやミディタイプは戸外の凍らない場所でも管理できますが、大型のシクラメンは必ず室内で、窓辺などの明るい場所に置いてください。西日が当たったり高温になる場所、朝夕に冷え込むところは避けます(5〜15℃で管理)。暖房機の近くや温風が直接当たる場所は花持ちが悪くなり葉が黄化するので避けてください。昼温20℃以上、夜温18℃以上では株が軟弱になります。室内の最低温度が10℃位になる出窓などが理想的です。

栽培ポイント:
底面吸水鉢の場合は、水が完全になくなる前に貯水部分に水を足し、常時受け皿の半分くらいの高さまで水が入っている状態としてください。普通鉢タイプの場合は、表面の土が乾いたら株の根元からたっぷり水をやります。その際球根や葉の付け根部分には水がかからないよう注意してください。出荷前に当分必要な肥料は与えておりますが、花や葉が小さくなったり、葉色が変わってきたら肥料不足のサインです。リン酸、カリ分が多目の液体肥料や置き肥を施してください。週に一回、液肥を薄めに希釈し、底面吸水タイプは貯水部に、普通鉢タイプは根元から与えます。
花弁が落ちたり花色が褪せたら、花茎を根元からひねるようにして抜き取ります。花茎や枯葉を抜き取るとき、茎が途中で折れると残った部分が腐って株を傷めるため、残さず抜き取るようにしてください。