会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

ヒューケラは葉色の絵の具箱

ヒューケラは葉色の絵の具箱

1年中楽しめる常緑多年草晩春から初夏にかわいい花寄せ植えにぴったり。ポイント1:カラーリーフの中でも色の豊富さが特長。他のカラーリーフや小花を合わせれば、バリエーション豊かな寄せ植えが楽しめる。ポイント2:形よく株が広がるので、鉢全体のバランスがとりやすく、寄せ植えに使いやすい。グラスや小花をアクセントに使うと寄せ植えの幅がぐっと広がります。"ヒューケラが主役の寄せ植えに。メリハリのある色の組み合わせで、雰囲気のある寄せ植えが簡単にできます。壁掛けやハンギングでも楽しめます。室内に飾る。切り花やコケ玉で飾ると、ヒューケラならではの葉色をもっと身近に楽しめます。マイナス15℃の耐寒性もあり、霜の姿も美しい。



<ヒューケラの仲間>
・ティアレラ(Tiarella)はユキノシタ科ズダヤクシュ属の常緑多年草です。
・ヒューケレラ(× Heucherella)はヒューケラとティアレラの2つの属が交雑して生まれた新しい植物です。


<育て方>
・植え付け場所(置き場所)
日当たりから半日陰から日陰で生育します。一般的には強い日差しを嫌いますが、秋から春はほとんどの品種は直射日光の当たる場所の方が葉色がきれいです。初夏から初秋までは、半日陰、あるいは午後からの日差しを避けた方がよいでしょう。
(品種により差があり、夏の直射に耐えられる物もあるので、植物の状態で判断します。)
コンテナ植えは移動できますが、庭植えの場合は真夏の西日を避ける場所にしてください。耐陰性があるので、日陰の場所でも成長します。庭植えで最適な環境は、秋から春は日当たりで、夏は風通しのよい明るい日陰で水はけのよい場所がベストです。落葉樹の下、建物の東・東南側などが最適です。

・耐寒性・耐暑性
耐寒性は強く、マイナス15〜マイナス20度でも耐えて常緑で越冬します。(品種により、耐寒温度はやや異なります。)
基本的には高温多湿が苦手な植物ですが、直接をさえぎったり、多湿にならないような水管理をすることで充分夏越しが可能です。夏は明るい日陰で風通しのよい場所、あるいは午後から日陰になるような場所なら充分育てられます。

・開花期・開花条件 (晩春〜夏)
開花には低温を必要としますので、冬は戸外で管理をします。コンテナで育てている物も必ず外へ置いて下さい。冬の低温で花芽が分化します。品種により花芽分化の温度は異なりますが、夜間温度が5度以下になれば、ほとんどの品種は花芽が分化し、晩春から夏に花が咲きます。

・用土・肥料
基本的に排水性と通気性のよい土壌を好みます。庭植えの場合は水はけのよい場所、少しだけ傾斜になっていれば、なお理想的な庭環境です。コンテナやハンギングの場合は排水性のよい用土に植え付けます。排水をよくするために軽石や大粒のパーライトを混合するとよいでしょう。用土全体で30%位配合されていると理想的です。用土PHは5.8〜6.3の範囲が最適です。通常市販されている用土は、ほぼこの範囲のPHと思われます。植えつける時は長く効く緩効性の肥料を元肥として入れて植え付けてください。
ヒューケラは肥料食いではなく、どちらかと言うと少なめでOKですが、追肥はコンテナ植えの場合、春(2〜4月)と秋(10〜11月)の生育期に1ヶ月に1回株元に置肥、あるいは2週間に1回の液肥を与えて下さい。高温多湿な時期は、肥料を与えないで下さい。場合により植物が肥料を処理できず死滅してしまうことがあります。

・水やり
基本的に多湿を嫌います。コンテナ植えなどは、土の表面が乾いてから水やりをしてください。毎日少しずつ水やりをするのはよくありません。乾いたたらたっぷりかけて次に用土内が乾くまでは待ちます。但し、しおれるほど乾かさないように注意してください。高温多湿な夏の時期はやや水やりを控えるよう心がけて管理します。

・植え方のポイント
ヒューケラは成長点(茎の先端の芽)が低い位置にあります。深植えをすると埋まってしまうので注意が必要です。植える苗のポットの土の高さと、コンテナの土の高さを一致させれば問題ありません。

・お手入れ方法
花が咲き終わったら、各々の花茎を元から取り除いてください。枯れた葉も切り取ります。株分けは、数年に1回の割合で行います。時期は成長期の秋か春がおすすめです。特に地植えの場合は、わき芽が多く混んできたら堀りあげて、ハサミやカッターでわき芽の根を付けるように切り離し、ポットに植え付けます。秋の場合、小鉢で生育させてから翌年の春に庭植えします。ヒューケラの茎が長くなり、3センチ以上になってしまったら、鋭いナイフやカミソリで土の元から切り取り、長い茎を用土の中に入れるように挿して、光線の弱い日陰へおきます。1ヶ月位で新しい根が出てきて、植物体がリセットされます。時期は暖かくなる4月頃がおすすめです。春と秋の生育期は、直射日光があたった方がきれいな葉色が楽しめます。夏、日陰へ置いていたコンテナは秋になったら日当たりのよい場所へ移動しましょう。