会員ログイン新規会員登録会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索










早生黒豆で食味最高!2〜6月まき 丸種
[野菜タネ]えだまめ(枝豆):黒豆 たんくろう

[野菜タネ]えだまめ(枝豆):黒豆 たんくろう
画像をクリックすると拡大します

商品名:[野菜タネ]えだまめ(枝豆):黒豆 たんくろう


商品ID:20049

タネ・小袋


こちらの商品は現在販売しておりません

黒豆の早生品種で、芳香と甘みがあり、枝豆用として食味最高の品種です。早生なので、寒冷地でも育てられます。着莢のきわめて多い、茶毛大莢種で、3粒莢率が特に高く、適期播種で80〜85日で収穫できます。

まき時:ハウス栽培は2月、トンネル栽培は3月、露地栽培は4月〜6月
収 穫 : 5月〜9月
内容量 : 20ml

種まき:土質はあまり選びませんが、やや粘土質で重い土壌が適します。施肥は1平米当たり元肥として窒素6g、りん酸12g、カリ10g、苦土石灰10g程度を基準とし、遅い作型では少なめに施します。
幅45〜60cmの畝を作り、株間15〜20cmで、1ヶ所2〜3粒ずつまきます。早い作型では、ポリマルチやトンネルを早めに行い、地温を十分にあげてから種まきします。

栽培:発芽揃い後に1ヶ所1〜2本に間引きます。
平均気温が15〜16℃になったらトンネルを除去します。
枝豆は虫害の多い作物なので、開花期以降は1週間から10日おきに殺虫剤を散布します。
莢の大部分が充実し、遅く開花したものがわずかに未熟な状態で、莢が鮮緑色の時期が収穫適期ですが、さらに成熟が進んで莢が薄黄色に熟し、子実が少し黒味を帯びた頃に収穫すると、黒豆特有の風味が増し、格別の味わいが楽しめます。ただし、気温が上昇してくると、過熟になりやすく、風味・食味が低下するので注意してください。

※種は栽培用ですので、種袋に入っている種豆をそのまま食べたりはしないようご注意ください。






会員限定で次回入荷のお知らせをします。
会員登録はこちらから

新規会員登録
ログインはこちらから 会員ログイン